■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏祭り
七夕の今日、また地域の神事で「夏祭り」がとりおこなわれました。
天之木社という、地神さんなのですが、豊作の祈願を毎年とりおこなっています。
周囲は農地で水田ばかりなのですが、隣の敷地は家電メーカーの工場が建っています。
昔は水田の真中にあった祠で、多くの農家が集まって、それこそお祭り騒ぎだったことでしょう。
淡路島では普段の生活に神様との結びつきが強かったのか、あちこちに祠があって祭られています。
…と言っても、淡路島以外をあまり知らないのですが、こちらは多いんじゃないかという気がします。
天の木-1
天の木-2


スポンサーサイト

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | 00:00:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
諭鶴羽神社
地区の役員で、毎年の行事である「総参り」に参加し、諭鶴羽神社へお参りに行ってきました。
この辺の地域は玉葱の収穫後の田植えになる為、植え終わるのが今頃になります。
諭鶴羽山からの恩恵を受け、水田に水を湛えたこの時期、泥落としと共に、
豊作祈願と水の恩恵への感謝を込めて、諭鶴羽神社にお参りに行きます。
諭鶴羽神社とは、淡路島の最高峰諭鶴羽山(607.9m)の山頂近くに位置する歴史の古い神社。
イザナギ・イザナミの二神を祀り、「元熊野」と言い、熊野那智大社へはこの山から神霊を移したそうです。
国生み神話の淡路島は、御食国(みけつくに)と呼ばれ、朝廷に海水産物や農産物を貢いだとされています。
諭鶴羽山の麓から広がる広大な三原平野の「三原」は「御原」であり、中ほどには「おのころ島神社」があり、
「神代国衙」という地名が残存していたりします。
国生み神話の話をすると、淡路島は大変面白いんですけど、その話はまたいづれさせていただきます。
そんな諭鶴羽山の恩恵があってこその「あわじ玉葱」であるわけで、輸入に頼る日本に於いて、
「食糧自給率100%を超える島」の恵の源である、ありがたい山であり、神社なわけなのです。
今年も豊作でありますように・・・
諭鶴羽神社
霧の諭鶴羽神社本堂

諭鶴羽山の話は、あちらにも紹介しています。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | 23:53:20 | トラックバック(0) | コメント(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。