■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
家具を直して塗装してイメチェンして再利用
お盆休みに作業場兼物置と化したガレージの整理。
いつか再生しようと、使わなくなった家具を置いていて狭い。
この際、直してしまえ!という事で、
15年位前かな?千趣会だったと思うが、通販の3点セットで買った、
南洋材の集成材無垢の整理ダンスを修理して再塗装しました。
通販の家具なんでノックダウンの組み立て式で、
引出などの組み立ては、差し込んでネジを回すという、
イケアでは当り前のジョイント金具(と言っても殆どプラスチック)になってて、
これが緩んだり、板がそったり底板が抜けたりとしていたので、
補助桟を打って補強をしたり、ビスを増し打ちしたり、反りをけずったり、
まあ手を加えてなんとか家具として使えるようにしました。
引出の側板にはバルサと桐の間のような柔らかい材が使われてて、
ビスが効かないし、締めすぎると割れたり、加減しないと壊してしまいます。
機能的には使えるものの、傷だらけで汚いので、木目を諦めペンキ塗装しました。
元がアルキド樹脂塗料の様で、その上に塗装するので表面をサンダで削りました。
塗装は気分を変えて楽しい雰囲気をと、バターミルクペイントを使いました。
広い面を塗るのと、前のようにプライマー処理していないので、
塗料が密着するようスポンジを使って刷り込むように塗りました。
この方が刷毛跡が残らず、また塗料も薄く延ばせ、そして綺麗に仕上がります。
さて、取手がくりもののツマミで、小さくて面白味がないんで、
違うものと変えてしまおうと、ホームセンターや100円ショップで探してみたけど、
値段も高いし、よさそうなものが無かったんで、100円ショップで見つけた、
木工パーツを加工して新たな取手を作ることにしました。
直径30mm、高さ30mmの円筒形が12個入って100円でした。
このままでは持ちにくいので、指掛かりをグラインダーで削り取りました。
後は下地処理し塗装するだけです。
取手(ツマミ)を変えるだけでも随分イメージ変わります。
これで、娘でも使ってくれればいいんですが。

チェスト塗装1
元の写真撮り忘れて、すでに塗装の済んだチェスト。

チェスト塗装2
取手は“くりもの”のツマミで、小さくて持ちにくいので変えることにした。

チェスト塗装3
100円ショップで工作材料を買ってきた。丁度必要分の12個入り。

チェスト塗装4
指掛かりを削って、白い色のバターミルクペイントで塗装しました。

チェスト塗装5
取手を付けて完成。ツマミがちょっと出張りすぎたな。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
DIY | 21:59:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
胴縁ガーデンラックの塗装
白色に塗ることにしました。
一部棚板を木のままで、ウッドデッキに仮置きしてみました。
やっぱり全部白色がいいですね。
何を置いて並べるかにもよるけど、
あまり小さな観葉植物も無いので、小道具置き場かな。
前に作った桧のガーデンラックは、無塗装で放り出してあるけど、
プランターも置かず、ほとんど使ってない。
だから、また余計なものを作ってしまったのかも。
今回の塗装、バターミルクペイントを刷毛でザックリと2回塗り。
白色は木地の色を消すのに何度か重ね塗りしないと鮮やかに見えない。
刷毛では不利、スポンジで伸ばす方がきれいに塗れるだろうけど、
今回はフレームが入り組んでるから、平らで大きな面は棚板だけ。
フレームを組み立てる前に塗装すべきですね。

ガーデンラック塗装1
木地のままの棚板を合わせてみたが、良いとは思えないので塗ることに。

ガーデンラック塗装2
ガーデンラック塗装3
全塗装完了。さて何に使おうか。

ガーデンラック-手入
こっちは無塗装で汚くなった。
どのみちあまり使って無いから、何か塗装してみようかと思う。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

DIY | 09:13:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
しつこいけど、ウッドデッキ下地の続き
デッキ下地、こんな方法はどうでしょう?
大引(若しくは根太)の下には束柱を設けず、
その分沓石の背の高いのを利用して高さを稼ぐ。
高さと水平は沓石で調整し、どうしてもレベルの合わない所は、
調整板のある基礎パッキンを利用することで補える。
ホームセンターで高さ30cmの羽子板付き沓石というのが売られていた。
値段は980円、束石と束柱を用意する事を思えば安上りで手間いらずだと思う。
“羽子板付き”とあるが、どう見ても帯(短冊)金物だ。
抜けないようにちゃんと定着されているのだろうか?
昔は柱脚固定に羽子板金物をコンクリートに埋め込んで使っていたから、
そういう名残で呼び名がついているのだろうけど、
実際に使っている金物が羽子板ではないので、その呼び名はやめた方がいいように思う。
元々、羽子板は梁に使うもので、柱脚の引抜に対応する強度でないので、
まったく間違った使い方で、力がかからないとはいえ、ちょっと気持ち悪い。
位置と高さを決めてから、調整板ごと基礎パッキンを土台に釘やビスで固定がベストだが、
たとえばJoto製の100角には釘穴が無く、ドリルで穴開けしないと付けられない。
100x200のタイプには、2か所釘穴はあるのだが。

羽子板付沓石

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

DIY | 00:01:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウッドデッキの下地はこれでいいの?
ウッドデッキの施工方法について、どうしても気になる。
いったい、誰が考え出したのか、束柱に根太を横から張り付けて、
その上にデッキ材を並べるという方法。
大方ウッドデッキの施工方法はこうなっている。
元は2x4工法のついでみたいなもので、建物の延長で外部床を作っていたもの。
デッキの建物側には根太受け金物を取り付けて根太をひっかけ、
建物から離れた方には束石の上に束柱を建て、その上に根太を乗せる。
もしくは根太天まで束を伸ばしてボルトで固定するとか、金物を使う。
あのごついシンプソン金物を使って。
それが、ウッドデッキの入門、DIY関係の情報を見てみると、
金物を使わず、コーススレッドだけで組立ているようです。
しかし...そんなものでもつのでしょうか?
束柱と根太との摩擦抵抗、コーススレッドのせん断体力だけで、
上からの加重に耐えるわけですが、
経年変化で木が痩せればコーススレッドも緩みませんか?
コーススレッドだけで木工クラフトをするのが好きな自分でも、
この方式だけはやりたくないですね。

束柱と根太1
束柱に根太をビス(コーススレッド)止めし、その上にデッキ材。
こういう施工説明をよく見かける。

束柱と根太2
上からの加重をこのコーススレッドで支えるということか?

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

DIY | 00:00:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
補助桟のガーデンチェアー
前々から計画していた、補助桟を使ったガーデンチェア、完成しました。
補助桟の断面は30x60mm、2x4ランバーが38x89mmなので、かなり細い。
スケッチアップで作図してみて心配だった前足の付根の強度ですが、
ビスを両面からもみ込んで、なんとか固定できています。
そのうち力がかかり、木も痩せネジが緩んでくると、壊れるかもしれません。
バターミルクペイントで塗装しました。
これで雨ざらしの状態で、そのままで5年くらい持ってくれればと思うのですが。
このイス一脚に補助桟は米松4mのを2本使いました。ホームセンターで1本500円位。
ビスは安いコーススレッドですが、今回の塗料は少々高いです。
百均などで安い水性塗料を調達すれば、材料費は全部で1500円もかからないでしょう。
補助桟はコンクリート型枠パネルに使われますので、土木現場でも見かけます。
使用済み廃棄品をもらって来れば、材料費がかかりません。
イスに使う材料など、切れ端でいいんです。
材種が米松(ダグラスファー)が殆どですから、SPFの2x4よりは耐久性があります。
今度は廃材になった補助桟で作ってみようと思います。

補助桟イス1
コーススレッドだけでフレームを組んでみた。これで行けそう。

補助桟イス2
塗装はバターミルクペイントを使用。少々高いが水性アクリル塗料よりは捲れやはがれが起こりにくい。
塗り替えの事を考えると、最初高いけど長い目で見ると得かも。

補助桟イス3
以前に2x4材で作ったのと並べてみた。右が今回の。全体に細い。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


DIY | 13:38:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。