■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
KOBAU-ドイツ製下地用紙クロス-自然素材
KOBAU(コバウ)はドイツKOBAU社製の下地用紙クロスで、
内装の塗装やコテ塗りの下地として使います。
仕上げに使うのは、プラネットジャパンが販売している壁材で、
プラネットウォールのマーブルフィールとフェザーフィール。
マーブルフィールはコテ仕上げ、フェザーフィールはローラー塗りです。
今まではマーブルフィールのコテ仕上げには、プラスターボードの上に、
ジョイントをテープ貼りパテ処理し、シーラーをかけて、尚且つ一度シゴいて、
マーブルフィールをコテ抑え仕上げとしていました。
これでは下地処理にかなりの手間を要します。
このKOBAUは、この上から仕上げのコテ仕上げがかけられるので、
KOBAUを貼るまでのジョイントテープ下地など必要ですが、
クロス屋さんの工事なので、左官の手間が大幅に抑えられます。
フェザーフィールも以前はルナファーザーを下地に使用していましたが、
下地そのものの強度、貼りやすさは、このKOBAUの方が上です。
ただ、少し高いのと、紙がしっかりして分厚いので、カッティングの加減に気をつけないと、
端部のカットで力が入りすぎて、ボード下地を気づつける恐れがあります。
KOBAU自体のジョイントは突き付けなので、カーッターを使わずに綺麗に仕上がります。
このKOBAU、プラネットウォールを販売しているプラネットジャパンが取り扱っています。
分厚い和紙のような壁紙ですが、思ったほど水を吸わないようです。
オープンタームは20-30分、塗り置きは1日大丈夫だろうと聞いたのですが、
乾燥が早くとても塗り置きは無理かなという印象です。
ノリの種類や気象条件などでもかわってくるのでしょうが。
余談ですがこのKOBAU、余ったものでランプシェードとか作れそう。
ほんとにしっかりした分厚く白い和紙といった感じです。

kobau-01

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村


※訂正!
どうやらKOBAUは自然素材ではなさそうです。
タイトルに自然素材と書いてしまったので、ここで訂正しておきます。
この書き込み以降に、KOBAUについて色々調べたり試したりしています。
以下のリンクを参照ください。

http://yzrhf.blog82.fc2.com/blog-entry-108.html

http://yzrhf.blog82.fc2.com/blog-entry-327.html

スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

住宅 | 10:51:02 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。