FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スリッパ
友人のブログで、海外の住宅の紹介があって見てて、
元の紹介ページへ飛んで、そのプランを見てると、
日本とは考え方が違うんだなと、つくづく思ってしまいます。
寝室にバスルームがくっ付いているんですけど、便器らしきものが2つある。
おそらく一つは大便器ではなくビデだろうと思う。
今でも、そんなバスルームを作ってるんだろうか?

またジョンさんの話をします。
彼は日本に長くいて、おまけに日本人の奥さんとの間に子供が生まれ、
お風呂に入れるのが彼の仕事と、まるで日本のパパになってました。
孫の顔を見せてやりたいと、アメリカに帰るんだという話を聞いてて、
お母さんの家には泊まりたくないと言い出しました。
まず、トイレとお風呂が一緒だから臭いということ。
そして、お母さんの後にバスタブに浸かると、垢だらけで嫌だということ。
要するに、日本の生活に慣れて、そちらの方が良いと思ってるんです。
彼と仕事してるときは、ほかの外国人さんの住まいを訪ねることがあって、
話を聞くと、日本に来て、日本の文化をすっかり取り入れてらっしゃいました。
まず、玄関でスリッパを出してくれます。奥様もスリッパで生活されてます。
どうしてですか?と聞くと、「この方が掃除しなくていいじゃない」と言います。
お茶を出してくれたんですが、日本の湯呑みを愛用されてました。
「湯呑は取手が付いてないから邪魔にならず、とっても便利」と、
ダジャレまじえて話してくれました。重ねられるし片付けや収納にも良いとの事。
他にもいろいろありましたけど、ま、いいと思ったことは受け入れるようです。
なにも日本が欧米の真似ばかりする必要はないんだなと感じました。
ビデですけど、日本のシャワートイレを受け入れれば、
バスルームを一気にコンパクトにすることができます。
お風呂も、日本のユニットバスで、バスタブの外で洗えば掃除だって楽です。
トイレもセパレートにすれば、別々に使えるわけです。
日本に滞在した欧米人は、本国に帰ってスリッパ生活に変わる人が多いと聞きました。
異文化に触れて、初めて知ったんでしょうね、この方が外から土を運ばないと。
スリッパの歴史を調べると、それは元々は土足で上り込んでしまう外国人に、
靴の上から履かせたのが始まりのようです。
今、日本人は、スリッパを、どんな使い方してますでしょう?
僕は、お客さん用には用意してますが、家族はほとんど使いません。
素足・靴下のまま、無垢のフローリングの上を歩いてます。
「クロックス」という樹脂製のサンダルのような履物が流行りました。
アメリカで開発されたものですが、日本では「ツッカケ」的な感じでしょうか、
新しいものですが、昔からあるようなものに見えてなりません。
これ、土足用なんですけど、もし日本の床が土間のままだったら・・・
って考えてて、そしたらクロックスは部屋履きになるのかと思ったりします。
シャワートイレもスリッパも、元は外国文化の影響から日本で独自に発展してきました。
日本人の生活様式はものすごく変わりましたけど、欧米人はさほど変わってないようです。
中国がこれから国際社会にどんどん進出してくることになると、
いったいどんな風に変わっていくのでしょうね。

とりとめのない話ですが。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



ジョンさんの一言 | 23:57:19 | トラックバック(0) | コメント(2)