■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
またまた芯ホルダー
芯ホルダーの話を書いてから、
検索キーワード「芯ホルダー」でブログのアクセスが多くありました。
結構、芯ホルダーに関心のある人、多いんですね。
CAD化に伴って製図用筆記具など、随分減っていったので、
芯ホルダーも消えてくなるかと思ってましたが、どうやら文具として人気があるようですね。
建築の勉強してた頃は製図用シャープで、実務の仕事もシャープばかりでしたが、
インテリアデザインの学校でまた、デッサンやパースその他、芯ホルダーを使うようになって、
デザイン事務所にいた頃は、一番使っていたように思います。
パース(透視図・完成予想図、パースペクティブの略)の作図が終わると、
それをプレゼンで仕上げるボードに写すのですが、
作図した下図の裏に、芯ホルダーの削った粉を摺り付けて“カーボン紙”のように使います。
変な話、芯ホルダーを作図に使わず、一生懸命芯削器で削って削り粉を作ってたりしてました。
若いころはお金もないし、硬度の違う芯を何種か使うので、その分本数も必要だったので、
リーズナブルな国産芯ホルダーの「三菱 ユニホルダー」を買ってました。
今でも売ってて一番安いかな?500円ぐらいで買えますね。
10本以上持ってたかなぁ、今は2,3本かな?工具箱に入ってたりしてる。
余裕が出てくると、良いのがほしくなって、ステッドラーやファーバーカステル・ロットリングなど、
ドイツ製のがチラホラと増えだしていきます。
最近はネットオークションなどで、ビンテージ物を入手できるので、
学生の時、欲しくてたまらなかったファーバーカステルのTK9441の、
そのまだ古いTK9440を数本入手出来て、めちゃ嬉しかったです。
今持ってる芯ホルダーの中で、一番の書き味です。
残念ながらクリップがありませんので、胸のポケットに挿して持ち歩けず、ペンケースが必要です。
芯ホルダーは製図用途のものはクリップが外れるようになってます。
「ローリング」と言って、描くにつれ減っていく芯で均一な線を引くために、
指で回転させながら芯ホルダーを走らせるので、クリップは回転の邪魔になるので外すのです。
ヨーロッパの芯ホルダーは良くできてて、キャップに簡易な芯削り機能を内蔵しています。
芯は2.0mmあって、鉛筆と変わらない太さですから、細い線描くには削らないといけません。
芯削りは色々とありますが、ちょっと尖らせるなら、
メモ用紙の上で細かく左右にローリングしてぬるくってました。
だから、私は製図板の上にはメモ用紙が必要でしたが、ゴミ箱とカッターナイフを使う先輩もいてました。

ステーショナリーって、使わなくても欲しくなって、色々買ってしまって、コレクターになってしまいます。
手に持って使う、いちばん身近な道具だからかな?子供も大人も同じですね。
でも飽きてしまって使わなくなるものが多いです・・・うちの子は。
長く使えるのもを選びたいものですね。

自慢になりますが、持ってる芯ホルダー関連を集めてみました。

芯ホルダー01
青とシルバーの3本はステッドラー。
青の長いのがMARS-TECHNICO 780(旧) クリップが取れる製図用?キャップに芯削り機能付き
短い方はMARS-TECHNICO 48002 で、クリップが外せないもの。キャップ芯削り有。そうとう古いみたい。
シルバーのは最近のノック式、JAPANと書いてある。差し込み回転の大きい芯削器では削れません。(:_;)
緑色と言えばファーバーカステル。9400番 3Hと硬度表示がある。これもキャップが芯削りになってる。
あずき色は三菱ユニホルダー。ユニ鉛筆と同じ色。最初に出会う芯ホルダーはこれが多いのかな?
黒と赤のはオークション入手のビンテージ物スタビロ社製。ノックで繰り出し出来る。
クリップにスワンのマークあり。

芯削り01
芯削りです。赤く小さいのはドイツKUM社製。
このメーカーの芯削りをOEM供給受けてるメーカー多いですね。
珍しくW.GERMANY って書いてある。最近買ったのに、長期在庫品か?
他の古いのでも単にGERMNYって書いてるのに。
真ん中のは最近で右端は高校生の時ので30年以上前のもので同じ芯削り。
右のは変色してるが今でも現役で使ってる。
上面にホルダーを挿す出っ張った孔と、芯の深さを調整する小さい穴2か所、
削った芯の粉を取るクリーナーが真ん中に。
このクリーナー、替えを買うと高いので、
タバコのフィルターを切って差し込んで使ってました。

芯01
芯です。一般的には鉛筆と同じ太さの2.0mmがよくつかわれてると思う。手持ちのホルダーもほとんど2.0mm用です。
左端の赤芯はスタビロ製、ホルダーとともに入手したビンテージ物
真ん中二つ青いのはステッドラーで、左側のパッケージは古いもの。
右側の芯と、硬度を色分けしたキャップが付属してる。
右端は三菱ユニホルダー用。芯はこれが安くて質もいいので、よくつかわれると思う。
今でも6本200円(税込210円)低価かな?
ユニ鉛筆を買うよりホルダーと芯のほうが経済的ですね。

コヒノール01
これ、なんの使用目的もなく、衝動買いしたコヒノールと合わせて買ったついで買い。
最初からホルダー色と同じ色芯が入っているので、色鉛筆として使うものでしょう。チェコ製。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:お気に入り♪ - ジャンル:ライフ

趣味 | 09:57:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。