■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
鬼瓦
“鬼瓦”と言えばお笑いコンビ・オードリーの一発ギャグ?検索すると「菅野美穂」に行き当たった。(*_*)?
僕らの年代なら“鬼瓦権造(おにがわらごんぞう)”の方がなじみがあるかな?
屋根工事で言うところの鬼瓦は、棟瓦の終端に取り付ける装飾的な役物瓦です。
その名の通り、鬼の顔を形造ったそれは、建物を災難から守る魔除けの意味でも使われてきた。
“鬼の形相”と呼ばれるごとく、災いを寄せ付けないよう、にらみをきかしているのでしょう。
淡路島には鬼瓦を専門に制作する「鬼師」と呼ばれる人々がいます。
こんな複雑な瓦は鬼師が彫刻しなければ作ることが出来ないんです。
それで、この鬼瓦はどこに使われているのかというと、本当に鬼の顔をしたものは社寺建築に、
鬼の顔ではないけれど、波や雲形、家紋の装飾をした飾り瓦は住宅などにも使われているけど、
鬼顔の鬼瓦って、産地である淡路島でも、住宅の屋根にはのっていないようです。
手作りで高価なものであるのも要因かもしれませんが、屋根工事全体から見れば、
淡路の民家は入母屋の複雑な、それなりの瓦屋根としているので、予算の問題では無いように思います。
アクセントと言ってしまうと軽くなってしまうのかもしれませんが、沖縄のシーサーの様な使われ方がされれば、
もっと屋根に上がって、淡路瓦の屋根の表情が豊かにならないだろうかと思っています。

写真は現在工事中の私の現場です。屋根は最後の棟を葺いている所です。
本葺ですが、ほぼ平屋のあっさりしたデザインの住宅なので、シンプルな「古代鬼面」という鬼瓦を採用しました。
その名の通り、鬼瓦の元祖で、鬼の形相というより、何か愛嬌があるように思います。
実は私の家はいぶし平板瓦で葺いてしまったので、棟に高さが無く、鬼瓦の様な飾りが付けられないので、
お土産物の古代鬼面のミニチュアレリーフというのがあるのですが、それをリビングの壁にかけて魔除けにしてます。
鬼さん、どうぞ我が家を災いから遠ざけて下さいませ。
鬼瓦1
鬼瓦2
鬼瓦3
鬼瓦4


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

住宅 | 14:27:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。