■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウサギ小屋計画
さて、ウサギ小屋ですけど、作らなければならないようです。(^_^;)
とはいっても、地面に接して建てるとなると、庭に場所がないです。
とりあえず、どこか場所を探すとして、小屋の計画も進めなくてはなりません。
ガーデンチェアの作り替えで、材料に30x60mmの補助桟を予定しているので、
ついでに、補助桟をフレームに、2x4パネルの様な構造で、材料コストも考えながら、
3x6(cm)工法のウサギ小屋を考えてみようと思います。
とりあえず大きさは1畳大、高さは人の背丈以下で検討開始します。
大雑把ですが、SketchUpで土台-壁-頭ツナギまでのフレームを考えてみた。
壁パネルを3x6版(910x1,820mm)の3/4の高さの1,365mmで合板を張るようにした。
残り455mmをうまく使って、窓の腰壁にするとか、なんとか合板をけちりたい。
土台は2寸角(60x60mm)の檜かなにかでいいだろう。
基礎はどうするか?床無しで地面なんで、土台下だけの基礎なので、
ブロックか、煉瓦でも構わないかと思う。
SketchUpで簡単に書くのはいいけど、やりかけでほったらかしがどんどん増える。
在来工法のセルフビルド、クラインガルテンの話、ガーデンテーブル&チェア。
3次元で考えてると不思議なもので、実際に完成させなくても、
画面の中で立体が出来て確認してしまうと、満足してしまって、
作る意欲が失われることがあります。
仮想と現実が・・・マトリックスのようなバーチャルな世界。・・・は大袈裟ですが、
作って完成させてしまっても、興味が無くなることがありますね。
考えたり作ったり、そのプロセスを楽しむのが楽しいのでしょうか?
あと、実際に作るとお金も時間もかかりますからね、気が重くなることもあります。
こんなことが、商売に繋がるなら、燃えてくるんですがね。

ウサギ小屋計画start
とりあえず、構造の方針決めて、シミュレーションしてみた。
36x60の補助桟、3x6版の合板を効率よく利用する事を優先して考えてみる。
これを“3x6工法”と名づけよう!(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


小屋づくり | 23:52:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。