■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
行基の湯
昨日、ある資格試験の受験で香川県高松市へ行ってきた。
本来なら、大阪会場を選ぶのだが、なにせ遠い。
試験の方は、まあ受かったらここで公表させていただきます。
まだまだ暑くて、冷房設備のない学校の教室での試験で、
試験中もタオルで汗を拭く、なんともコンディションの悪い状況。
朝から初めて午後3時半の終了。
汗だくで、帰りはどこかで風呂入りたい。
元々、そのつもりでいたが、久々に塩江温泉に寄ることにした。
高松市から高松空港方面へ国道193号線を走り、高松空港を過ぎ、
徳島県の美馬市へ抜ける街道沿いの、山の中ほどにある温泉街。
今回は、道の駅に隣接している日帰り入浴の「行基の湯」へ行ってきた。
他に、旅館など宿泊施設でも日帰り入浴ができます。
ここ、入浴料が430円と、とてもリーズナブルです。
ボディーソープはおいてますが、シャンプーはありません。
そんなに大きなお風呂ではありませんが、露天風呂とサウナがあります。
お風呂を出ると、周辺に休憩施設や食事施設、足湯などあって、
道の駅と一体となって充実したスポットです。
ただ、これと言って、目を見張るものはないのですが・・・
お風呂ですが、岩風呂と称す低温サウナがありました。
温度は64度と、いつものより30度は低いのですが、
ここで12分・6分・6分と合計24分入りました。
低温サウナといっても、いつも通りに汗が出てきます。
これで効果が同じなら、絶対こっちの方が負担無くて楽です。
水風呂はないので、軽くシャワーを浴びて露天風呂で冷ましました。
入浴前の体重が65㎏で、入浴後63.5㎏でした。
そんなに軽かったかな?でも1時間ほどの入浴で1.5㎏ダウン。
しかし、暑いですね、露天にいて、聞こえてくるのが蝉の声。
ツクツクボウシとミンミンゼミの鳴き声では、体が冷えません。
これから秋、いいでしょうね露天風呂。
帰りは徳島へ出て、徳島自動車道の脇町ICから藍住IC、
高松自動車道の板野ICから乗って西淡三原ICで降りて帰ってきました。
ここに暮らしてて、徳島や高松に通い慣れてくると、
大阪って遠い所だなと感じるようになりました。
神戸だって、高松へ行くのと時間的に変わらないのに、
交通費は倍以上かかります。休日半額上限1000円でも。
早く無料化してほしい。

行基の湯1
行基の湯2
「道の駅しおのえ」、川の向こうが「行基の湯」

行基の湯3
入浴料430円は嬉しい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


諸々 | 09:54:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。