■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
デュアルディスプレイ
このところパソコンネタが多くて、
“どこが田舎暮らしやねん”て、聞こえてきそうですが、
好きだからついつい、いじってしまうんですよね。
今日、思いついたことがあって、確かめてみました。
リビングパソコンのベアボーンキットは、
Intel Atomというモバイル向けの、低消費電力のCPUと、
NVIDIA IONという、Atom対応のグラフィック統合型のチップセットの組合わせで、
低消費電力でありながらグラフィックスが強力、おまけにリーズナブルという、
リビングPCやオフィス向け、サーバ用途などに適してます。
もっとも、サーバ利用にはこのキットではRAID拡張ができないので、
拡張スロットを持った他の組み込みマザーボードが向いてるし、
IONも必要なく、Intelの統合型チップセットで十分かもしれません。
Atom+IONは、ネットブックなどモバイル向けの需要の方が多いですが、
使ってみて、パソコンの性能としてもなかなかいいんじゃないって思ってます。
仕事では3Dの統合型CADを使うので、OpenGLに特化したグラフィックスカードや、
高クロックで処理能力の高いCPUのマシンになってしまいますが、
フルHDで動画を楽しむ、インターネットや一般的なアプリ利用とか、
2DのCADやオフィス系ソフトだけなら、これで十分事足ります。
グラフィックが強力ですからSketchUpもサクサク動きます。

どれだけのグラフィックス性能があるのか、もう一台モニターを繋いでみました。
このION-TOPには、VGAとHDMIのビデオ出力が2つありますから、
両方にモニタを繋いで、デュアルディスプレイを構成することができます。
モニタを連動で設定すれば、画面の表示面積が増えます。
普通は表示範囲を広げたいために複数モニターにするのですが、
複製と言って、同じ表示をそれぞれのモニターに映すようにもできます。
これで思ったんですが、HDMIなどは、割と長い距離のケーブルが使えますから、
離れた部屋のモニターに繋いで、1台のパソコン画面を2か所で表示できます。
距離を離して使えるBluetoothのマウスとキーボードを利用すれば、
1台のパソコンを離れた2か所から操作できるわけです。
地デジチューナーを搭載すれば、同じチャンネルしか駄目ですが、
2か所で見ることができますし、操作も2か所でできます。
ただ操作するユーザーは同時に1人しか駄目で、別のものは見れないんですが。
Atom+IONも、第2世代に移ってきてます。
新しく出てきているベアボーンキットは非常に魅力的です。

デュアルディスプレイ1
モニタを2台にすると、表示範囲が増える。
解像度や大きさが同じ方がいいが、この例はTVとパソコンモニタ。
DVDをフル表示で見るなら、横にパソコン画面があって操作できるのもいいかも。

デュアルディスプレイ2
複数モニターは、連続しているようにも複製にすることもできる。

デュアルディスプレイ3
複製モニターで同じDVDの映画を表示させてみた。
地デジチューナーの表示は「COPPに問題がある」と表示され視聴できなかった。
VGAとHDIMだから、モニタが悪いのか、それともベアボーンキット自体の問題かもしれない。
こんど別のパソコンでDVIx2かHDMI+DVIのデュアルモニターで確かめてみよう。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト


テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

趣味 | 23:23:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。