■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やっと秋ですね。
稲刈りが始まりました。
まずはコシヒカリの刈取りから。
年に数回しか使わないコンバインの登場です。
300万円以上する機械だから、もっと稼働させたい。
とにかく、減反政策はやめて、作らせてほしい。
稲を刈ろうか、それとも白菜の種を蒔こうかと、
プラグトレイと培土の用意をしていたのだが。
育苗培土はJAで販売している「与作 N-15」を使用。
いろんなもの試したけど、これが一番いいようで、
うちの母は、花の苗もこれを使ってる。
一般に販売されている種まき培土と比べると、
肥料成分的には少し控えめで、液肥での追肥を推奨してます。
こういう知識はこれからかなり身に着けないと、
農家のあととりとしてやっていけないので、
黙って親の言うとおりに動いてます。

コンバイン逆回り
今年初めての稲刈り。コンバインの道をつけるためにまずは逆回り。
畔際は逆回りで刈るか、手で刈る。

与作N-15
野菜作りの最初は種から苗を作ること。
育苗培土やプラグトレイは農協で買ってくる。

与作-成分
コメリ-成分
「与作」と「コメリ製種まき培土」の比較
与作はバーミキュライト入り、コメリのは肥料成分が与作より多い。
プラグ用とポット用、またプロ用で違いがあるのは当たり前だが、
この違いをいずれ理解していかなければならない。
窒素・リン酸・カリ、pHのコントロールとか防虫、除草など、
天候など自然環境も左右してくるので、なかなか難しい・・・と。親は言う。

キャベツ苗
これは先に種まきしたキャベツ。

パンジー苗
キャベツ苗の横でパンジーの苗も作ってます。
培土は同じ「与作」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


田舎暮らし | 10:56:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。