■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
稲刈り、苗植え付け
稲刈りをしながら、秋植えの作物の準備で、
この時期はちょっと忙しい。
稲を刈り取ったら、すぐに施肥してすき込み、
キャベツの苗を植えました。
植えたらすぐに水をやります。
この日照りですから、何日か続けます。
田んぼに直接潅水もします。
キャベツは来年の年明けに収穫し、
そのあと直ぐに玉ねぎを植えます。
これが、淡路島名物“三毛作農法”
といっても、南淡路の一部の地域ですが。
キャベツやハクサイなどは、水がないと作れないです。
気候条件もあるけど、農耕に適してる土地なんでしょう。
三毛作よりも、三期作で年3回レタスを収穫する農家は多いです。
消費者には申し訳ないが、少しでも高く売れるとありがたい。
ひどい年は、段ボール代にもならず出すだけ損、捨てる方がマシなことがある。
価格が安定するなら、こんな無茶はやらないのだが。

稲刈り01
稲刈り02
稲刈りはコンバインを使うとすぐに終わる。

稲刈り03
機械で刈れない所は手で鎌で刈る。

稲刈り04
コンバインから籾を排出し、軽トラックに積み込み、
この後農業倉庫の乾燥機へ。

苗植え01
苗植え04
最初に刈った田んぼ、キャベツを植えた。

苗植え03
背中に背負う肥料散布器の“さんすけ”を今年新調(黄色の方)。
(古い白いのと比べ)20年以上基本構造が変わっていない。
労力のいる作業だが、省力化できていないという事?

苗植え02
野菜作りは土作り。元肥・遅効性肥料・苦土・石灰、それと補助肥料として菜種油粕を散布する。
稲も藁を取らずに鋤き込みして堆肥化させた方がいい。手間とお金がかかる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


田舎暮らし | 23:58:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。