■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
刈払い機 刃の交換
刈払機を本格使用しだすと、色々とわかってくることがあります。
丸鋸でも同じですけど、作業能率はマシンパワーもさることながら、
刃物の切れ味や強さも大事だという事です。
新調した刈払機ゼノアBC2211-EZは、軽くて取廻しの良さはピカイチですが、
エンジンが21ccと小さく、その分パワーも控えめです。
付属のチップソーは小石のゴロゴロしている場所で使ったせいか、
先が丸くなったようで、切れ味がにぶった感じがします。
これも刃物ですから、砥げば切れ味もよくなります。
砥ぎに出すのもいいのですが、それほど上物でなく、
新たによく切れるチップソーを買うのもいいかと、新しい刃を調達。
「農家の店しんしん」で、“石に強い”というコピーのパッケージの、
少々お高いチップソーを買っちゃいました。
ついでに、Zizliaerなる止め金物も買った。
純正はアルミダイキャストだったが、こちらはプラスチック。
チップソーといい、この留め金物(安定板かな?)といい、
派手な色で目立ちそう。
それよりも刈払い機そのものが派手な色合いですが。
さ、これから試してみます。
ちょっとは楽になるだろうか?

刈払い機の刃01
刈払い機の刃02
先が丸くなった、最初から付属の純正チップソー

刈払い機の刃03
thumuraが有名ブランドらしいので買ってみた。
ついでに抑えの安定板も

刈払い機の刃04
刈払い機のシャフトも目立つ色なのに、さらに派手。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


田舎暮らし | 23:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。