■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
“BN65” 2x4用の釘なんですが・・・
今日、ホームセンターのコメリで、ふと目にしたもの。
“BN65”2x4用ロール釘の箱・・・なんじゃそりゃ?
そりゃ2x4は得意分野じゃないし、もっぱら在来軸組木造ばかりで、
どちらかというと、住宅工法としては日本から消えてほしいとは思っているが、
それでもセルフビルドのやり易さから小屋程度のものは提案してきたし、
今まで輸入住宅含め携わっていた工法だし、ある程度の知識は持ってたと思う。
それが目にしたこともない、およそ2x4工法の構造のどこで使うのかと思える、
細くて長い釘がロールになって売られていて、2x4用と書いてある。
よく見ると、「改訂建設省告示対応品」と付加説明が横にあった。
帰ってからインターネットで調べて分かったが、
「平成13年10月15日国土交通省告示第1540号」で、
BN65という釘が2x4の床板で使用する釘として表に明示されていた。
ただ、同じ長さのCN釘に比べ、使用本数やピッチが違っていて、
より多くの本数を使用しなければならないようになっている。
・・・知らなかっった。
というより、こんな田舎で、なんで2x4のロール釘が売られているの?
2x4の建物なんて、殆ど建ってないと思うし、2x4メーカーの営業所も無い。
あわじオープンガーデンのホームページのブログに書いたが、
以前、2x4の小屋を実際に建築したとき、釘を探すのに苦労した。
結局、洲本の金物店にしか在庫がなく、CN90に至ってはロールしかなく、
手打ちするのにわざわざロールのワイヤーを切り離して使った。
ロール釘はJIS認証のN釘や造作用の各種が売られているが、CN90・CN75・CN50と
2x4用があるなと思ってたら、CN65とBN65のロール釘も売られてた。
後でわかったが、手持ち平成7年度の枠組壁工法住宅工事共通仕様書を見ると、
釘の項にBN50・BN65・BN90の表記と解説がされていた。見てなかった。(>_<)
BN釘は主に板材の止め付けを原則としているようです。
釘の長さはおおよその目安的には止め付けるものの材の厚さの2.5倍の長さが必要とされ、
(釘の強度などによるが)もし床板が24mmなら65の釘を使用することになると思うが、
BN釘はCN釘よりもピッチが密になり数多く打ち込むことになる・・・
しかし、なんでこの釘が売られているのだろう?
誰が何の目的で買っているのだろうか?
買う人が居なければ、商品として置かないと思うのだが。
また別の心配をしてしまうようです。
釘は大事ですよ、用途を誤らないでね~!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


住宅 | 00:00:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。