■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
セルフビルドハウス 2x4概要その5
仕上げは適当です。
屋根はルーフィングを張って、再生ゴムのスレート葺です。
軒先は、幅の広い米松だったか杉だかの板を材木屋さんから入れました。
化粧材じゃなく、一般木造住宅の軒先の破風下地というもの。
荒板でなく、カンナがかかっているので、取り付けも塗装もやりやすいです。
外壁は、まず壁パネルに防水シートを貼り、胴縁で抑え、外壁の板を張ります。
壁内通気確保の為、胴縁は要所で隙間をあけ、空気の道をつけるのですが、
この場合は外壁の取り合いに隙間ができるので、特に不要です。
土台水切りを付ける場合は、今回の壁パネルでは土台下まで足りておらず、
そのままでは取付できませんから、なにか下地を足すなり、
最初から土台下まで合板が届くように計画するかです。
軒天という、軒先の裏側は、外壁と同じ板を隙間を空けて張りました。
壁の中を上がって来た空気の抜け道です。
サッシはアルミ製の物ですが、樹脂複合ペアや木製などを採用し、
断熱材を高気密・高断熱仕様にすると、冬でも寝泊り大丈夫。
小屋といえど、一般住宅と殆ど変わりないです。

今回の小屋づくり、私自身がほとんど作業参加していなかったのですが、
パネル展開図面を用意したので図面寸法で部材カットしてパネルを組み立てたので、
分業でも間違いが起こらずうまくいきました。

今回、フリーの3DソフトのSketchUpを活用してみました。
ここまで作図できると、画面上でセルフビルドが終了したみたいな気分です。(^_^;)
事前の計画に、こういうのも活用するといいですね。

今回は、まずまずの出来上がりに満足しています。
今度は在来軸組工法のセルフビルドハウスに挑戦してみたいです。
実際に自分が作るのもですが、まずは、企画してみたいです。
またの機会がありますように・・・

外観完成
カラーシュミレーションもできるんです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

小屋づくり | 14:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。