■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
消滅型 生ごみ処理機
人間というのは、生活していくうえで多くのゴミを出します。
文明社会であるほど、多種多様なゴミが発生します。
ですが、殆どが消費社会が生んだ副産物です。
それを見直そうと取り組んでいるのが、先日視察した上勝町です。
その上勝町で、こと細かな資源リサイクルの徹底で、焼却ゴミが殆どなく、
燃やすものは紙おむつぐらいじゃなかったかと思います。
ただ、生ゴミだけは、ある「装置」を使って処分していました。
実はこの時の視察は、この「装置」への取り組みの勉強の為でしたが、
行ってみると、それがすでに使われていて、「さすが上勝町!」と感心しました。
しかし、その装置は、我々が導入しようとしているもの程の性能ではなく、
「まだまだですね、上勝町さん!(^_^;)」という気持ちにもさせられました。
その装置とは。
「消滅型生ゴミ処理機」の事です。
生ゴミ処理機は乾燥型とバイオ型に大別されますが、これはバイオ型になります。
バイオ型でも、微生物によって分解し、減容して堆肥化させる堆肥型と、
殆ど消滅してしまう消滅型に分けられます。
そして、今日。
消滅型生ゴミ処理機のテスト機を設置し、処理テストを開始しました。
機械の設置後、早速に生ゴミとして魚のアラや臓物を投入しました。
絵としてグロイので写真は載せませんが、順調に処理できました。
今後、この話は、このブログか、また他の場所でレポートしていけたらと思います。

生ごみ処理機到着
ユニックに載って生ゴミ処理機が到着。

生ごみ処理機設置
設置完了!

生ごみ処理機処理
魚のアラなど52kg投入から2時間後、頭の骨の一部など確認できたが、後は消滅したみたいです。

生ごみ処理機投入量
本日、合計で104kg投入でしたが、午後4時前に開けて確認したら、殆ど消えてました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


諸々 | 22:32:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。