■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゴミ収納BOX完成
今日はBOXの通気の為の板の透かし張りと、天面・蓋の製作と取り付け、
それから、フレームに使った補助桟の切れ端から取手を作って付けました。
一応、形としては完成です。
このまま使ってもいいかなと思ったのですが、
外野の声で塗装を行うことにしました。
まあ、できるだけ長持ちさせろとの声なので、耐久性の高い油性塗料としました。
手持ち在庫では、プラネットカラーのアンチックパインがあるのですが、
ほったらかしにしてたので、缶がさびて、外までアンチックです。
これはまた木製サッシやデッキのメンテで使うので、
不良在庫になってしまってたウッドコートのグリーンにしました。
ゴミ収納BOXはフレームが米松の補助桟、仕上げの羽目板は杉、
天面だけ桧を使いましたが、杉と桧は加工機を通しているので表面ツルツルです。
表面が滑らかだと、塗装では塗料ののりが悪く、特に顔料の入ったものは塗りにくいです。
サンドペーパーかけるのも面倒だし、テキトーに刷毛で塗りたぐりました。
塗料が少し残っているので、乾いたら目立つところは重ねて塗ります。
今回の材料費、殆どタダなんですけど、塗料だけは贅沢してしまいました。
これで5年ぐらい持つだろうし、10年持ってくれたら助かるかな。
板の耐久性より、止め付けに使ったコーススレッドの腐食の方が早いかもしれないです。
今回の材料ですが
フレームには補助桟30x60米松 現場の使い古しもあって、セメントが付いて白いです。
使わずに残っていた半端も使いましたが、タダの材料です。
羽目板は木材加工所で出た廃棄材で、すべてもらってきたものです。
殆ど杉材ですが、一部桧も使いました。
ビスはコーススレッドのスリムタイプ。強度は弱いが板割れを起こさないので楽です。
コーススレッドの材料費としたら、100円とか200円とかそんなレベルでしょう。
蓋取付用の蝶番は前のゴミボックスで使っていたステンレスタイプです。
建材用の羽目板を使っているので、実(さね)が飛び出してて少々見た目が変ですが。

スチールの既製品を買うと数万円するうえ、使わなくなると粗大ゴミになってしまいます。
制作時間と機械の損料を考えても、材料タダなら既製品買うより作った方が安上がり・・・と思う事にしよう。
殆どゴミから作った「ゴミ収納BOX」ですが、いずれは朽ちて消えていきます。
それぐらいの方が、いいんじゃないですかね。

ゴミ収納BOX完成1
ゴミ収納BOX完成2
何とか完成。

ゴミ収納BOX完成-先代
合板で作られた先代は、あちこち剥がれ・めくれが出てきてボロボロ。
そろそろ交代、お疲れさん。

アンチック缶塗料
塗料缶も、ほっておくと朽ちていくようです。

ゴミ収納BOX完成3
ゴミ収納BOX完成4
とにかく色付けしたような、ムラだらけの塗装です。

にほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


環境 | 18:11:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。