■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
古事記1300年祭
あちこちで、イベントをやるそうですね。
出雲(島根県)でも企画しているようですし、
奈良も平城遷都1300年の勢いで、繋げていくみたいです。
で、淡路島はどうなのよ?
歴史や自然より、園芸種の花で埋め尽くす方が大事なのかな?
“くにうみ”という言葉を、よく使っているようですけど・・・
南あわじ市の公式ホームページでは、おのころ島神社が、いかにもおのころ島のように書かれてますが、
インターネットで検索すると、“沼島”という意見が多いように思います。
僕も沼島だと認識しているのですが、そんな話で盛り上がるのも面白そうに思います。
Googleブックスで、おのころ島に関連した本を見つけました。
えびす信仰事典」という西宮神社の元宮司さんが書いた本です。
蛭子を流した後に淡路島を生んでますから、西宮に流れ着いた蛭子は沼島から流されたのかもしれませんね。
淡路島にはいくつか“えびす”祀る神社がありますが、そこから流されたとしているところもあります。
昔、阿万吹上から流されたと説いた先生がいてたと思うのですが、思い出しません。
何方か、ご存知じゃありません?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


地域 | 22:45:32 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
古事記1300年に国生みの淡路を売り込もう
 古事記1300年では、ぜひ淡路島を売り込みたい。20年以上前のことですが、大河ドラマ「太平記」では、足利尊氏と楠正成にまつわる史跡があるのに、みごと淡路島は、売り損ねました。来年は20数年ぶりの、絶好のチャンスです。古事記の国生み物語と、大河ドラマの「平清盛」と、来年はビッグイベントがダブります。平清盛にも、南あわじの煙島やお局塚、源氏方の梶原景時の沼島など、縁の場所が点在しています。これを売り込まない手はありません。公があてにならないなら、われわれだけでも、立ち上げられないか。同じ志の同志と、ぜひコンタクトしたいと思います。
2011-06-07 火 21:47:05 | URL | 堀井裕右 [編集]
Re: 古事記1300年に国生みの淡路を売り込もう
コメントありがとうございます。
そうですか、大河ドラマ「平清盛」ですか、頼朝の配役がまだ決まっていないようですが、楽しみですね。
観光資源は沢山あるのに、上手く活かせていない気がします。
島民の気質なんでしょうかね?世間に紹介しようとしないのは。
それはそれで、平和でのんびりした淡路島でいいのかもしれませんが。
2011-06-11 土 11:10:55 | URL | ゆづるはのふもと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。