■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゼロエネルギー住宅
ゼロエネ住宅1
デンマークにVELFAC(ベルファック http://www.velfac.dk/ )というサッシメーカーがあります。
日本では全く馴染みがないですし、知られていないと思いますが、
アルミと木製の複合サッシを得意とするメーカーで、合理的で高性能なサッシで、
何故日本でもっと使われていないのだろうかと、不思議に思います。
このメーカーの子会社にVELUX(ベルックス http://www.velux.co.jp/ 日本法人)というのがあります。
昔から日本でもポピュラーな天窓(トップライト)の専門メーカーです。
このVELFACが、2009年にデンマークで行われたCOP15で、ゼロエネルギー住宅を紹介しました。
その住宅の紹介している冊子を頂いたのですが、英語ではあるが日本語じゃないので読めない。(-_-;)
それで、Google Chrome でVELFACのホームページに行き、翻訳機能でデンマーク語から日本語にして、
まあなんとなく、言葉の羅列の雰囲気でわかります。
ここ、翻訳してみてください http://www.velfac.dk/Global/Bolig_for_livet
色々見てると面白いのですが、エネルギーは生産するよりも使わない方がいいということと、
自然環境、エネルギーをうまくコントロールして、快適に過ごすということを提案していると思います...多分。(^_^;)
屋根面に550mmのロックウール断熱材を使い、それでいてトップライトを大きく開けている。
大胆というか凄いというか、よく考えられているんですけど、ここまでの発想は今の日本では考えられないでしょうね。
太陽光発電をしきりに奨励してますけど、電池パネル作るのに、どれだけのエネルギーが必要なのでしょう?
住宅で使われる電気の1/4は冷暖房費、これを減らす家造りをした方がいいんじゃないの?って思うんですが、
世間では、太陽光発電が素晴らしいシステムのように取りだたされていますね。
「10年すれば元が取れて、あとは電気を売って儲けるだけ」みたいな話がよく耳に入ります。

高気密・高断熱で省エネルギーの家造り。
これを「家じゃなく装置だ!」とおっしゃる方もいますし、
「自然環境に耐えられなくなって、人間がダメになる!」という人の意見もよく聞きました。
どうなのかな~?

ゼロエネ住宅2
紹介冊子の断面のページ。
左には住宅の基本的な形から変形させていることの説明があります。
屋根はエネルギーの高い南面を大きくするためにずらし、
断熱材でよく絶縁して、空気も封印する。
そして昼間は新鮮な空気、光、景色を取りいれる。
窓の面積は床面積の40%もある。
そんな感じの説明...だと思う。

ゼロエネ住宅3
このゼロエネルギー住宅の外観です。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


住宅 | 11:27:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。