■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゴミの出ない自然素材住宅
今やっている現場が、やっと大工さんが終わって、内装・外装共に仕上げ段階に来ています。
そんなこんなで忙しくしてて、ブログはすっかりご無沙汰です。
住宅に自然素材を使っていると、ゴミがほとんど出てきません。
処分に困るのはプラスターボードくらいで、あとはリサイクルや再利用が可能です。
塗料に至っては、余ったら肥料にできるほどです。
各業者がゴミ処分するものもありますが、近くのほかの現場で、
バッカンを何度も交換しているのが不思議に思えるくらいです。
さて、造作下地の木材の切れ端まで取り置きしてたので、倉庫が満杯になってきました。
ハンドルラック
15mmの杉板ではプランターを沢山作りましたが、野縁材が出てきたので、
それをハンドルに利用してガーデントレイを作ってみました。
写真は短い板を4枚張り合わしたポット型プランターと並べています。
表面のサンディングが大変なので、表面をカンナで削ってみました。
杉の白身と赤身、木目もハッキリしていて、
不透明のペンキで塗りつぶすのはもったいない気がします。
今度はステイン系の油性外部用自然塗料を塗ってみます。

大工造作が終わったので、無垢フローリングの切れ端も出てきてます。
バーチ(樺材)のフローリングの切れ端で、食器など作ってみるのも面白いでしょう。
箸なんかは簡単に作れそうですし、スプーンなんかも時間かければ作れるでしょう。
最後は木製食器用オイルで仕上げれば、十分に使えるはずです。
バーチは堅い木ですから、スプーンは厳しいかもしれません。
ユニタイプのフローリングなので、フィンガージョイントを避けて木取りします。
木切れ1
木切れ2
時間ができたら掲示します。

ついでにプランタの話。
ビス留めの跡を、ウッドパテを使って処理して見ました。
やはり乾くとやせるので、パテを2回繰り返す必要がありそうです。
それと、塗料が薄いと、下地のパテがすけてよく見えます。
ほかに何か良いパテ材はないものか・・・
プランターパテ01
プランターパテ02

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

住宅 | 14:14:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。