■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
てっぱん 総集編
「おひさま」もいいんですが、「てっぱん」の総集編やってましたね。
瀧本美織さんの、体当たりの演技が良かったんでしょうね、巷の評判は良いようです。
ドラマは脚本の良し悪しがあると思いますが、キャスティングが上手く行くと、
キャラクターのイメージが、その作品を盛り上げますね。
尾美としのり氏を尾道の住人だなんて、オマージュかなって思っちゃうし、
竜雷太さんは「鉄板少女アカネ!」に出演してて、鉄板続きだなって思ったし、
お父ちゃんの遠藤憲一さんもメジャーになって、あの個性は欠かせないキャラですし・・・
続きが見たくなるドラマって、結構続編が作られたりします。
同じNHKの朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」は、続編が別枠でかなりの本数が作られた。
故田中好子さんのお母さんぶり、おばぁの存在感、山田孝之や小西真奈美の知名度を上げ、
菅野美穂さんの役柄もなど、印象的なキャラクターが多かった。
主演の国仲涼子さんはずっと看護婦(看護師)のイメージがあります。
その後も「電車男」「感染列島」「ブラックジャックによろしく」など、看護婦役多いし。
キャラクターイメージが固定されてしまうの、視聴者だけじゃなく、製作側もなのか?(^_^;)
それはさておき、この「てっぱん」にも感じられて、続きが見たいなと思ってしまいます。
そんなのって無いですか?どうしても気になるのって?
キャンディはアルバートさんと結婚して幸せに暮らしたの?とか、
同世代の人、気になりません?・・・もう35年以上昔の話ですけど。
続編が予定されているのに予算が無くて打ち切りとか、諸事情で断念ってのも多いですね、
「ターミネーター サラコナー・クロニクル」は途中で終わってしまいました。
「007 慰めの報酬」の次は、配給会社MGM倒産でダニエル・クレイグのボンドは終わりかと思ってたら、
どうやら再建して2012年には次作公開されるようで、こちらはまた楽しみであります。
NHKさん、期待してます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


諸々 | 23:46:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。