■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウサギの糞を生ゴミ処理
ヨーラコンポスト始動後3日目です。
昨日は何もいれずに置きました。
蓋を開けてみると、微かなおがくずの臭と、コバエが少し飛び交ってました。
どこからやってきたのか?おそらく通気口だろうと通気口を見ると、
コンポストの外に通気口からおがくずと腐葉土が漏れて落ちていました。
回転させたので、中身が通気口にかぶされば穴から外へ出るのは当たり前です。
また、この穴直径7mmぐらいあるので、コバエも容易に侵入できます。
穴の位置は断熱材が大きく穴をあけられているので、
その断熱材の穴の厚みに、中の生ゴミが溜まってしまうようです。
確か、蓋を開け残り10cmの空間になれば一杯で、隣の処理層に移るんですが、
10㎝の高さまでとなると、換気の穴に十分かかってしまいます。
これ、換気の穴から生ゴミが出てしまわないだろうか?
とにかく、コバエが寄り付かない生ゴミの状態を作るの大変だと思うので、
物理的に侵入できないように少し手を加えました。
ヨーラコンポストを少し分解して、換気の穴と断熱材の間に網戸のメッシュを挟み込みました。
本当はステンレスメッシュでもとホームセンターへ出向いたんですが見当たらずで、
何とかなるだろうと、網戸のメッシュを小さく切って、間に挟み込みました。
組み立てながらなら、きれいに張り込んで取り付けれるのですが、
後からなんで、生ゴミ入ったまま一部パネルも外して両方の層に施しました。
今日は生ゴミ420gと試しにウサギの糞とトイレ床650gを入れました。
生ゴミの方は殆ど野菜で、ウサギ糞少々とオシッコをたっぷり含んだトイレ床です。
トイレ床は桧のおがくずをペレットにしたもので、水分含んで殆どおがくずに戻ってます。
さあ、ウサギ糞が吉と出るか凶と出るか...って大げさですね。

吸気穴にゴミ1

吸気穴にゴミ2
コバエがいてたので、吸気口から入ったものと思います。
回転させると、断熱材の吸気口穴に生ゴミが溜まる。

吸気穴にゴミ3
吸気穴に網戸のメッシュを付けた。

吸気穴にゴミ4ウサギ糞
ウサギの糞。ペレットは水を吸っておがくずに戻ってる。

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


生ゴミ処理機 | 18:42:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。