■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いなす
仕事ネタです。
「いなす」という言葉を、また最近耳にしました。
建築関係の、ちょっと古い人などが使ってます。
関西では、あしらうとか帰らせるの意味があり、相撲ではかわすことを表すようです。
淡路島では「いぬ」=「帰る」、「いなす」=「帰らせる」だと思いますが、
仕舞をつける方法などで、「逃げる」などに似た感じで使われる言葉です。
建物の妻の桁や母屋の仕舞で、「いなす」納まりが使われます。
淡路島ではよく見かけるけれど、他の地域で見たことが無い納め方です。
木造の建物の、真壁造で軒裏表しの場合、妻側に桁や母屋が張り出します。
別段気にしなければ、それらの成をそのまま出せばいいのですが、
ケラバの納まりとしては、破風板の見栄えを損なうので、
破風板より下に出っ張った桁や母屋は、削り取ればスッキリ見えます。
最近はプレカットで指示をすれば、ケラバの母屋や桁をあらかじめ加工しておけるので、
桁や母屋の成(鉛直方向の寸法・高さ)を妻の外壁から軒の出の間を欠取っておく、
そんな方法が最近では当たり前になってきています。
でもあまり急激にな断面を小さくすると、妻側軒の出の屋根加重が心配です。
軽量な屋根ならいいですが、瓦葺きでそれも本葺きとなるとかなりの重量です。
必要最小限に見えがかりの少しだけを削り取るこの方法、
そのうち誰もやらなくなるんでしょうね。

計画途中の在来工法セルフビルドハウスのモデルを基に説明します。

いなす1
妻側に軒の出があると、それを受けるために桁や母屋が張り出します。
その背が高いと破風板の下に出っ張るので、その出た部分を削りたい。

いなす2
斜めに削り取るだけで、割と目立たなくなる。

いなす3
プレカットだと、こんな断面にしてしまう事も。

いなす現場
いい写真が無いのですが、実際にやってみた時のです。
淡路島の木造民家の妻側を見ていると見つかります。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


自然素材 | 11:37:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。