■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
KOBAU あれから
久々のブログ書込み。
現場に追われて余裕がなかったかな?
一月前にKOBAUの話をしてから結果も伝えずでしたんで、
まずはKOBAUの感想など。

このKOBAU、かなりしっかりした紙で、ルナファーザーに比べて腰が強く、
糊付け後もピンとしっかりしているので貼りやすいです。
ただ、分厚く硬いので、カッター切りで少し力が必要です。
糊はルーアマイルドが良いとしていますが、接着力の強い酢酸ビニル樹脂が入っているだけで、
アミノールに酢酸ビニル樹脂の添加材を使えば同じことだと思うし、こちらは調整できます。
今回は後者で、まあ糊に木工ボンドを混ぜたようなものですが、
紙が硬いので糊は強化した方がいいです。
糊の強度も大事ですが、パテの上に継手を来ないようにするとか、施工の配慮も大事です。
メーカーからは、糊の付け置きは結構大丈夫なように聞いてましたが、乾きが早いようです。
突き付け施工ですが、端部のテープは使った方がいいでしょう。
今回の内装工事は、壁・天井全てをプラスターボード下地にKOBAU貼りし、
半分はマーブルフィールのコテ押え、残りはフェザーフィールのローラー塗りとしました。
フェザーフィールは、まあ問題なく施工できたんですが。
マーブルフィールは少々気になることがありました。
しっかり貼って乾燥時間も取ったKOBAUですが、マーブルフィールのコテ押え施工で、
KOBAUのジョイントが開いたり、細かなヒビが浮き出たりしました。
糊充填で押え直したり、上からこすり直したりで問題なくクリアできるのですが、
コテ仕上げで表面が乾燥して引っ張られるのか、クロス施工が問題とは思えない現象で、
KOBAU+マーブルフィール+コテ押えの組合せでなにか気をつけるべきことがあるのかもしれません。
単にコテ塗りだけなら、そんな現象が起きてないようですから、コテ押えの施工方法に関係があるのかも。
フェザーフィールの下地としては問題はなかったのですが、
表面がツルツルのテクスチャーのみですから、ルナファーザーの方ような柄の表情がありません。

このKOBAU、奥が深そう。まだまだ試さねば・・・

天井までKOBAU+コテ塗りです。
天井マーブル

KOBAUをしっかり貼っててもジョイントが開いた状態。
左官仕事だから、簡単に直せるんですが、原因はいったい?
KOBAU割れ


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

住宅 | 00:57:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。