■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
家具を直して塗装してイメチェンして再利用
お盆休みに作業場兼物置と化したガレージの整理。
いつか再生しようと、使わなくなった家具を置いていて狭い。
この際、直してしまえ!という事で、
15年位前かな?千趣会だったと思うが、通販の3点セットで買った、
南洋材の集成材無垢の整理ダンスを修理して再塗装しました。
通販の家具なんでノックダウンの組み立て式で、
引出などの組み立ては、差し込んでネジを回すという、
イケアでは当り前のジョイント金具(と言っても殆どプラスチック)になってて、
これが緩んだり、板がそったり底板が抜けたりとしていたので、
補助桟を打って補強をしたり、ビスを増し打ちしたり、反りをけずったり、
まあ手を加えてなんとか家具として使えるようにしました。
引出の側板にはバルサと桐の間のような柔らかい材が使われてて、
ビスが効かないし、締めすぎると割れたり、加減しないと壊してしまいます。
機能的には使えるものの、傷だらけで汚いので、木目を諦めペンキ塗装しました。
元がアルキド樹脂塗料の様で、その上に塗装するので表面をサンダで削りました。
塗装は気分を変えて楽しい雰囲気をと、バターミルクペイントを使いました。
広い面を塗るのと、前のようにプライマー処理していないので、
塗料が密着するようスポンジを使って刷り込むように塗りました。
この方が刷毛跡が残らず、また塗料も薄く延ばせ、そして綺麗に仕上がります。
さて、取手がくりもののツマミで、小さくて面白味がないんで、
違うものと変えてしまおうと、ホームセンターや100円ショップで探してみたけど、
値段も高いし、よさそうなものが無かったんで、100円ショップで見つけた、
木工パーツを加工して新たな取手を作ることにしました。
直径30mm、高さ30mmの円筒形が12個入って100円でした。
このままでは持ちにくいので、指掛かりをグラインダーで削り取りました。
後は下地処理し塗装するだけです。
取手(ツマミ)を変えるだけでも随分イメージ変わります。
これで、娘でも使ってくれればいいんですが。

チェスト塗装1
元の写真撮り忘れて、すでに塗装の済んだチェスト。

チェスト塗装2
取手は“くりもの”のツマミで、小さくて持ちにくいので変えることにした。

チェスト塗装3
100円ショップで工作材料を買ってきた。丁度必要分の12個入り。

チェスト塗装4
指掛かりを削って、白い色のバターミルクペイントで塗装しました。

チェスト塗装5
取手を付けて完成。ツマミがちょっと出張りすぎたな。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


DIY | 21:59:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。