■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
米ぬかは発酵すると臭いです。
米ぬかを使ったせいで、すごく臭います。
それだけ発酵が進んでいるわけで、そのうち落ち着くんでしょうけど、
そんなに急いで処理する必要はないので、
ゆっくりでいいから、臭いも少なく処理したいです。
そのためには、米ぬかは使わず、おがくずで行けばいいのですが、
思った以上のおがくずの消費量で、今後のおがくず入手方法を再検討必要です。
今にして思えば余計な事をせず本来の使い方をすれば問題なかったのかも。
換気孔の穴から生ゴミがこぼれるからと網戸のメッシュを付けた事で、
網目が詰まって換気を悪くしたかもしれないです。
薪作りをするにはまだまだ暑いので、副産物のおがくずは作られません。
いよいよどこかにもらいにいかなければなりませんが、明日の分が無い。
米ぬかを使わないとなれば籾殻ぐらいかな?手元にあるの。
他に代用できるものは・・・腐葉土ぐらいなら手に入れられる。
ので、山へ行って腐葉土を取ってきました。
このところ雨が降っていないので、よく乾いています。
試しに投入したら、米ぬかが薄まったのか、多少臭いは和らいだ気がします。
今回気付いたこと
・米ぬかは発酵の補助で少し足す程度ならいいが、水分調整の基材には不向き。
・気密・断熱性能を優先し、水分調整におがくずなどを添加する仕組みなのが
 ヨーラコンポストであって、段ボールコンポストと一緒の様に考えないこと。
でありましたが、発展的な考え方をすると、
・ヨーラコンポストの仕組みに、水分を蒸発させる方法を付加させると、
 より良い物ができるような気がする。
そこで思いついたんだけど、2槽の中仕切りに通気孔を開けたらどうだろうか?
少しでも水分を蒸発させることが出来ると思うのだが。
他にも思いついたけど、それは断熱材の素材から考えていくことなので、
改造のレベルではないので、実践するのは難しい。
でもこの生ゴミ処理機は労力も電力も使わず手軽で面白いです。
そのうち、中仕切りの穴開け改造やってみたいです。

腐葉土を取ってきた
急遽、山へ行って腐葉土を取ってきました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


生ゴミ処理機 | 00:00:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。