■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Corel CAD
おっ、と思うアプリケーション新製品の情報が飛び込んできました。
Corel CAD 2D/3D デザイン ソフトウェア
またこんなメーカーからこの時期にCADアプリなんてどうして?
Corelと言えば、今はViodeoStudioとかPaintShopが有名なのかな?
昔はCorel DRAW(今でもありますが)という、優れたドローソフトを
イラストレーターに比べて低価格で、付属フォントも多くてお買得という、
とてもありがたいソフトを販売してくれる会社でした。
当時はWindows/DOS系のCADは線画の世界でしかなく、
面図形の扱えるMacのドロー系CADへの憧れから、
Windowsで使えるドローソフトのMicrografix Designer や Corel DRAW を、
買っては見たものの、使いこなすまでに行かず、
結局は仕事の依頼先からのきっかけで、CANVAS を使うようになっていたり。
壁を塗りつぶしたり、窓を移動しても壁を描きかえなくてよかったり、
床や壁の面を簡単に色付けできたりするドロー系CADは魅力でしたから、
線画のCADをドローソフトに持って行って色付けして真似事してました。
それから段々、メジャーなイラストレーターを使うようになりますが、
結構お高いソフトなんで、少し古いバージョンを使い続けている状況です。
CADはというと、バンバン図面を描いている訳ではないので、
昔から使っているCADソフトから他に乗り換えられずにいます。
そのCADの機能で十分、あまり高度な作業をしないわけです。
どちらかというと3DのSketchUPやプレゼンの為のイラストレーターを使う方が、
CADソフトより使う頻度が多い気がします。
とはいえ、図面の作図作業も効率あげたいし、データ利用の互換性、
将来性など考えると、そろそろ考えなくてはならない所です。
だからといって、AutoCADは昔から苦手だし、JW-CADはCADとは思えないし。
いきなりBIM(簡単に言えば3D設計)は難しいしコストも時間もかかるしで、
3Dやプレゼンにも強いVecterWorksなのかなと思っているのですが。
そんな折に飛び込んできた Corel CAD は興味津々です。
AutoCADの標準フォーマットのDWGにネイティブ対応(保存ファイル形式がDWG)、
3D機能を持ち合わせ、ドローソフトとの親和性もいい。
値段が95,000はちょいキツイけどAutoCAD LT よりは安い。
なんかイイかなって思って、体験版ダウンロードしてみました。
そんなに試してる余裕ないけど、かなり興味あるCADソフトです。

corelcad
体験版を動かしてみる。
どうして背景が真っ黒なんよ、白でええと思うけどね。
沢山のアイコン見てると頭痛くなってくる。
一番下に実行コマンドが表示されてて、AutoCADみたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


諸々 | 23:50:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。