■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
キエーロのつづきです。
今まで、生ごみ処理を色々調べていて、最終的には動力のいらない、
手動方式の堆肥型であるヨーラコンポストを導入しました。
導入後使ってみて感じたことは、とにかく水分調整が必要だという事。
それに、この水分調整のためにオガクズが大量に必要だともわかりました。
ただ、生ゴミから堆肥を作るなら、これが一番出来が良いと思います。
カッカノンノンなどの消滅型の基材も、処理を重ねるにつれ、
ミネラル分が蓄積されるので、濃い堆肥として利用することはできます。
しかしながら、専用基材は高くつくので、堆肥として取り出し、
新たに専用基材を投入するのはコストがかかります。
そういう事では、オガクズさえ手に入れば、ヨーラコンポストはお金掛けず
大量の堆肥を作ることができるので、ガーデニングをされている方には、
消滅型より堆肥型の方が魅力があるかもしれません。
がーでニングをやらない人には、専用基材使用の電動消滅型が良いでしょうし、
家電メーカーが出している熱乾燥の減容型が便利かもしれません。
気長に、また切返しなど手間を惜しまないなら、段ボールコンポストも良し、
お金に余裕があるなら、シンクピアなど最高でしょう。
それとも、市のごみ袋に入れて出すかです。
しかし、バクテリアdeキエーロを見て、そんな考えふっとんだ。
単純な話、土に返せばいいだけの事。
なぜ、この考え方が今までなかったのでしょう?不思議です。
日本のコンポスト容器には通気口が無くて消臭剤がオマケで付く話、
以前に書きましたけど、このバクテリアdeキエーロは極端に言えば、
コンポスト容器に通気口を設け、蓋を日光が入るように透明にした。
それと投入する生ゴミは土の中に埋めてしまうということだけ。
それだけの違いしかないかもしれないです。
僕が頭を悩ました“生ゴミ処理=水分調整”というものが、
いったいなんだったんだろうと思う。
バクテリアdeキエーロは水分調整どころか足してやるくらい。
はたして悪い菌は死滅するのかとか、まだ良くわかってないですが、
本当に効果があるのなら、我が家も導入してみたい。

動画がありましたので紹介します。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


生ゴミ処理機 | 21:49:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。