■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ベランダdeキエーロを作ってみる その4
中に入れる断熱材、どれだけ必要か寸法を確認。
SketchUpで描いた断熱材を動かして平らに展開。
この断熱材は「押出し法ポリスチレンフォーム」と言うのですが、
商品名である「スタイロフォーム」が通称となっていて、
他にはミラフォームやカネライトと言った製品が有ります。
製法が違うだけで、広い意味では発泡スチロールなんですが、
加工性、取り扱いのし易さでは押出し法ポリスチレンフォームの方がいいです。
建築建材用途が多いので、3x6版と呼ばれる910mmx1,820mmの定尺寸法で売られてます。
厚みと密度に違いがあり値段も変わってきます。
1種の15mmや20mmあたりがホームセンターなどで入手しやすいでしょうか。
ベランダdeキエーロ用には、3x6版が1枚で足りるようです。
断熱材は中のフレーム間に挟むのですが、フレームの角が覆いきりません。
木の断熱性能は、同じ厚みなら押出し法ポリスチレンフォームの1/3程度です。
それと、木部が土掛かりになるので、部分的に腐食が進みます。
造る前から気にはなっていたのですが、完成させてみると気になります。
たいした事ではないんですが、最初から考慮した構造にすればよかったと思います。
フレームは外にふった方がよいでしょう。

断熱材だけ表示
レイヤー分けしておくと、必要な物だけ表示できます。

断熱材の展開1
展開して平面に並べてみたが、この配置では3x6版から取りきれない。

断熱材の展開2

取り方を変更、これで3x6版1枚でいけた。

ボロボロの断熱材3x6版が出てきた
たまたま、汚くて角が飛んでる1種30mm3x6版のミラフォームがあった。
とりあえず、これから出来るだけ切出そう。

断熱材4面OK底足りず
4面取って、底の分だけ足りなかった。材料の量的には足りてるのだが。

底断熱材20mmの半端を使う
更に20㎜の半端を発見したので、それで底の断熱材は確保できた。

脚フレームを外へ
少し気が早いが、フレーム(脚)を外に振った場合を考えてみた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


生ゴミ処理機 | 14:56:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。