■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バターミルクペイントでリペイント
バターミルクペイントを、IKEAのスツールに塗装してデコレーションする話をしましたが、
この塗料は古くなった家具のリペイントなどに最適だと思います。
家具の塗装がアルキド塗装でもウレタン塗装でも、また木でなく合板であったとしても、
定着を良くするために軽くペーパーがけする程度で、上から塗ってもしっかりつきます。
塗りつぶしの生地を出さない塗装で良ければ、色は限られるけど楽しい雰囲気に仕上がります。

ずいぶん昔に買ったラバーウッドにクリア塗装のトレーが痛んで壊れてしまったので、
補修してバターミルクペイントで塗りかえることにしました。
トレイ1


まず、壊れた部分を接着して、痛んで隙間ができた接合部をパテ処理します。
軽く180番のペーパーでサンディングし、パテの仕上げと塗装下地を整えます。
こういう小物は傷みやすいので、下地をしっかりサンディングし、塗装の定着を良くした方がいいです。
トレイ2
トレイ3
上からバターミルクペイントを刷毛で2回塗りしました。
下地処理もいい加減だし、塗装も塗りっぱなしの刷毛ムラだらけですが、
これはこれで、気にしなければ味のある仕上がりかなと、無理やり納得してます。
下地処理をしっかりやって、コテ刷毛やスポンジを併用し、下塗り後にペーパー処理するなど、
手間をかければ均質でフラットな仕上がりも可能です。
スプレーガンで吹付塗装もできなくはないです。
仕上げにクリア塗装して艶を出すのもいいでしょうね。
今回使った色は、Dressing Table Navy Blue です。
下手な写真で露出オーバーで、実際の色よりかなり明るく白っぽく写ってしまいました。
色はこちらの方が正しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:DIY - ジャンル:ライフ

DIY | 23:11:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。