■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来軸組工法の小屋づくり計画スタート!
zairai-002
当方のブログ、田舎暮らしや淡路島の環境なんか書きたかったんだけど、
しばらく仕事が忙しかったから、2x4のセルフビルドハウスの話題からほったらかしだったんで、
アクセスが2x4とか小屋作りとか、セルフビルドばっかりになってます。(^_^;)
さて、2x4のセルフビルドは、ホームページの方が出来上がったら、
設計図など詳細資料はフリーデータで提供できればと思ってます。
もし、お急ぎで必要な方がいらっしゃいましたら、info@lia.jpまでご連絡ください。
さて、だれでも簡単に建築できる2x4工法、手軽ではあるけど、なんかたよんないんですよね。
安い!簡単!地震に強い!なんて思っている人多いと思うけど、
日本の気候条件の中では、やはり国産材の在来軸組工法の方が勝っているように思う。
じゃあなぜ在来工法がDIYやセルフビルドで普及していないのかというと、
柱と梁の接合の加工が困難であったり、組み立てに技術を要し、建方作業も危険であったりするからです。
といっても、2階建ての住宅レベルの話で、平屋の小屋程度ならそれほどでもないはず。
まして最近はプレカットといって、あらかじめ工場で接合部を機械加工しているので、
組立自体はそう難しいものではなくなってきています。
建て起こした時の垂直さえしっかり調整できれば、あとは2x4の小屋づくりとなんら作業的にはかわりません。
2x4では、けらば垂木という方法でしか妻側軒を出せませんが、在来工法だと桁・母屋・棟を利用できるので、
瓦のように重い屋根でも妻の軒を出すことができます。
また、軸組工法は2x4のように耐力壁その他外壁や屋根下地を合板に頼らなくてもすむので、
無垢材だけで建物を構成することができます。
コストを優先すれば、合板を使用する方が効率がいいのですが、
ログハウスに近い、“木の家”的な小屋造りをやってみたいなと思っていたので、
次は“無垢材の小屋づくり”に挑戦したいと思います。
その為のアイデアはいっぱいあるので、基本的な設計を進めながら、それらを盛り込んでいきたいと思います。

それで、早速SketchUpを使って、基礎から書き始めました。
このSketchUp、慣れてくると2D-CADで図面描かずとも、いきなり3Dで作図に取り掛かっていけます。
それで描き始めたのですが、人に説明しようとすると、寸法だとか細かい話は後回しになってしまいます。
まあ、まずは「こんな感じ」的な設計でもいいかなってとこです。
おいおい説明しますけど、基本的には以前建てた2x4の6帖の小屋の在来工法版です。
柱の断面は105x105mm、日本式にモジュールは心々910mmを採用しました。
90x90mmの断面でも大丈夫んなんですが、プレカットが対応できないんで、一般的な断面にしました。

ということで、ぼちぼち書込みしていきます。
ご期待ください。(^_^)

zairai-001

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


テーマ:DIY - ジャンル:ライフ

小屋づくり | 23:17:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。