■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来軸組工法の小屋計画---土台
基礎の次は、土台と大引をどうするか考えます。
土台寸法を105x105mmとしていますが、
大引はそれより15mm小さい90x90材を使います。
これで大引の基礎からの空きが35mm確保できたので、
大引を支える束として、jotoの調整束を採用してみようと思います。
土台は4mが2本、3mが2本、材種は桧で行きます。
桧なら、防蟻防腐処理の必要が無いです。
土台は杉材か米松と思ってましたが、この最桧でもいいかなと思います。
4mを2本とするか3mを3本とするか、思案のしどころですが、
2x4の時のように、大きな床板にしてしまおうと思います。
大引-調整束

大引3m
大引4m
どっちにしようか?

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:DIY - ジャンル:ライフ

小屋づくり | 23:37:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。