■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
廃材利用のプランター 2
木材以外の建築廃材利用プランターを紹介します。
押し出し法ポリスチレンフォームという硬質の断熱材を使ったものです。
一般にはスタイロフォームという商品名で呼ばれています。
スタイロフォーム以外では、ミラフォーム・カネライトなどが有名でよく使われていますが、
それらは皆スタイロフォームと呼ばれています。
それぞれに色が違いますが、性能的には殆ど変わりがないです。
断熱性能によって種類が分かれていて、厚みも何種類もあります。
密度の違いで1種と3種がありますが、多少加工しにくいですが、
3種の方がしっかりしたものが作れます。
建材としてだけでなく、クラフトなどでも使われるので、
大量でなければ、家庭ゴミとして処分も大丈夫だと思います。
“発砲スチロールのしっかりした感じ”と言えば分りやすいでしょうか?
このスタイロフォームはカッターナイフで切れるので、とても加工がしやすいです。
木材と同じように、パーツにカットしたものを、スチロール用の接着剤を併用して、
長いコーススレッドのビスで締めつけます。
このコーススレッドは、スチロール同士を留めつけるより、接着材が固まるまで、
引き寄せて置く為の仮止めにすぎないです。
接着剤が固まってしまえば、外しても問題ないですが、
面倒なのでそのままにしています。
後は上から水性ペンキを塗って色付けをするだけです。
塗装下地の処理をサンドペーパーで軽くこすってやるときれいに仕上がります。
また、欠けやへこみがあって、それを直したければ、パテ詰めをします。
パテと言っても、揮発性のウッドパテなどはスタイロフォームが溶けてしまうので、
水性のパテや紙ねんどなどが無難です。
僕が試した中では、アクリル絵の具のリキテックス・モデリングペースト・ライトが使い易いです。
本来は絵画や模型に使うもので、画材店で売っています。
水性ペンキで塗ってしまうと、下地が何だったかわからないので、
パッと見ただけでは木製のプランターかなって思います。
これの欠点は、耐候性が悪く、古くなるとボロボロと崩れていってしまいます。
こまめに再塗装をかけて行けば、表面の塗装皮膜で内部を保護できます。
木製でも同じことで、水性ペンキは劣化が早く剥離も起こすので、
マメに再塗装すれば長く使えると思います。
素材が柔らかいので、ダメージを受けるとへこんだり欠けたりするんですが、
その分、接着やパテ処理と塗装でリペアがやりやすいです。
スタイロプランターベース
スタイロプランターブルー

スタイロプランターグリーン
スポンサーサイト


テーマ:***ベランダガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ガーデニング | 00:46:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。