■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来軸組工法の小屋計画---床
在来工法の建前(一般には建方ですが、木造は建前という)は土台を敷いたあとに柱を建てるものですが、
床の仕上げを、根太を使わず手間を省けて仕上げになる無垢板で考えていて、
2x4の時のように先に床を作ってから、柱を差していくなんてできないだろうかと考えます。
やはり軸組なんで、金物などで柱脚固定を済ませてから床を施工すべきですね。
考えているのは、外の仕上げはともかく、中はログハウスのように無垢の木材で仕上がる様に、
床・壁・天井(野地)は無垢の杉板を使おうと思っています。
最近引き渡した住宅で、1階天井と2階床を兼ねた杉の板材を使いました。
徳島県那賀川すぎ共販協同組合のSBボードと言う商品です。
玄関天井
玄関天井の杉梁の上に使用、2階床を兼ねる。下は着色、上はクリアのオスモカラー塗装
玄関上床
現場で使ったのは40mm厚180mm幅のものですが、
本実加工で30mmあれば大引間910mmに直接設置して問題ないと思います。
しっかり止めてしまえば、水平力に対して面全体で十分抵抗しますので、
火打土台など無くても問題はないと思います。
これを壁と天井野地にも使う予定にしています。
この商品の規格寸法が、長さ4mなんで、大引の方向で迷ったんです。
材積だけで考えれば、縦に流せば90角4mが2本で0.0648㎥、
横だと3mx3本で0.0729㎥で大引の材量が余分に要ってしまう。
とはいっても3mよりも4mが割高なんですけどね。
それよりも、SBボード4mを切らずに一発で床貼り出来るかどうか、
そんなこと考えてると、柱を後で刺せないだろうかと思ってしまうんです。
床板は大引の上で切って突き付けたらいいんで、構造を優先させます。
SBボードの端部をエンドマッチ加工してくれると簡単かも?
在来6帖床板

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:DIY - ジャンル:ライフ

小屋づくり | 00:46:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。