■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来軸組工法の小屋計画---構造フレーム
柱・梁など構造部とマグサなど開口枠を考えてみた。
間柱を使用しないので、柱を910mmモジュールに入れるようにしました。
マグサは内法2.0mのアルミサッシで考えました。
軒の高さはや窓のレイアウトは比較検討するためにも、前回の2x4と同じで考えてます。
掃出し窓で大きく開口を取ったマグサと梁の間はどうしようかと思います。
間柱みたいなものを短い間に入れるのが普通でしょう。
小屋は勾配天井で、半分だけちょっとしたロフト取るので、内部に床梁を2本入れました。
垂木はどうしようか思案しています。
野地板にSBボードを使うつもりなので、屋根の断熱や通気、外部の納まりを考えると、
SBボードを使用する”板倉の家”のような、大垂木や登り梁にした方がいいのかも。
在来フレーム


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:DIY - ジャンル:ライフ

小屋づくり | 02:34:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。