■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
知ってますか?「住宅瑕疵担保履行法」
国土交通省DM

国土交通省からダイレクトメールが又届いた。
ついこの間は住宅瑕疵担保履行法の事業者向けの講習会の案内。
今回はQ&Aのチラシと保険料・保険会社の一覧出来る資料。
何れも、建設業許可を取得している事業所に対して送られている。
なんでこんなに何度もDMが来たりするのか。
先日の住宅エコポイントの説明会も、行って見れば講義時間の半分が
住宅瑕疵担保履行法の話だった。
会場にはスーツ姿で来ていた人が多かったので、
おそらく大手・中堅の住宅ビルダーが参加していたと思う。
彼らは間違いなくこの法律を厳守し、実践しているだろうから、
私と同じく、うんざりしていたのではないだろうかと思う。
事業者向けの講習会の内容は手続きや書類の記載などの解説だが、
経験してみると解るが、そうたいして難しいものではない。
10年保証の手続きや現場審査を経験していれば、殆ど迷わない。
何の為の講習やDMなのか?
問題は、この法律無視して、今だ加入せずにいる工務店などが多い事です。
そういった事業所に、難しいものではなく、安心して加入できると促せ、
周知させ、保険に加入させようとしている事と思う。
でも、そんなことばかりでいいのか?
この法律、おそらく家を建てる側のお客さん(お施主さん)が知らないと思う。
お客さんが知ってたら、契約に至るまでに、この話が出てくるはずです。
そもそも契約書も交わさない、見積もしないで工事が行われるケースが田舎では多いし、
大工さんが請け負うなら、お客さんも大工さん任せになったりする。
それと、この法律は建設業許可を取得している建設業者か、
住宅を販売する宅建業者のみに適応されるので、
許可を持っていない大工さんなど職人さんは、適応されない。
ただ、500万円以上の請負をする場合は建設業許可を取得していなければならないのですが・・・
金額の問題ではないと思うんですけどね。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

住宅 | 18:05:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。