■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
淡路島でクラインガルテンを実現するために・・・ゾーニング
前に書いた友人から借りた実験土地の話。
何年か前に相談を受けて、土地を簡単に測った図面が出てきた。
CADで大まかな清書した上に、下手な字で、ペンで書き込みを加えたもの。
この資料の上から、土地の活用例をレイアウトしてみた。
あそこの立地で考えると、こんな感じでどうかなと思う。
土地の広さは、前に測った時は、法面の上端で有効寸法で測ってみたら100坪を超えてた。
おそらく、水路敷きの境界から測れば10坪以上は面積が伸びそうです。
地積については詳細な資料をもらっていないので、
具体的な設計を始めるまでは、まあこんな資料でも見当はつけられるので、
スケッチ程度にゾーニングを考えてみました。
もし、自分がこの土地を買って、田舎暮らしをはじめようと考えた場合のケースです。
この土地のいい所は、北側が水路を挟んで農地があり、
その先に先山という稜線のきれいな山並みが見え、
将来的に農地転用などで建物が建って景観を遮るということが、
まず考えられず、この眺望がずっと確保されるであろうということ。
敷地がそこそこ広く、南側の接道も長いのと、道路の向こうは崖で、
これも建物などで遮断されることが無く、日当たりも眺望も確保されているということ。
菜園をやりたければ、近くの農地を借りるまでもなく、敷地内に畑を作ることが可能です。
自家用車が無いとどうしようも無いので、ゲスト用も含めて、十分な駐車スペースがとれること。
庭作りとか薪割りとかやりたいので、それらを楽しむ場所を確保する。
そんなことで、色分けしてみました。
「庭小屋」というのはこの土地に最初に建てる建物で、
家庭菜園を楽しむために、道具を保管したり、休憩に使ったり、仮眠したりと、
クラインガルテンでいうところのラウベです。
このラウベ、計画中の在来工法セルフビルドハウスを建ててみたいです。

鮎屋ゾーニング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


田舎暮らし | 15:30:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。