■プロフィール

ゆづるはのふもと

Author:ゆづるはのふもと
淡路島は
海だけじゃなく、
山も楽しい!

■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来軸組工法の小屋計画---けらば
久々に、在来工法の小屋の計画です。
けらばの納まりをどうしようかと、こんな方法にして見ました。
無垢材の破風板を使うことと、瓦の納まりと、セルフビルドの簡単さなど、
考えた挙句に、でっかい破風板を付けて、それに瓦を載せかける形にしました。
前の2x4の計画でも、平板瓦を使うときの納まりも、そんな風に考えてました。
このへんではシナイタ(多分一般には“登りよど”と呼ぶ)と言って、
そで瓦(ケラバ瓦)の受材と化粧を兼ねた桟を屋根野地に打ちつけて、
その下に破風板を取り付けたりしますが、
ちょっとでも手間を省けないかと、せの高い破風板にして、
それを野地より少し上に出っ張らせて、そで瓦のかかりにするとどうだろうかと思う。
瓦の種類によっては、高さも違うだろうし瓦割りも影響するだろうから、
そう旨くは行かないかもしれないけど、
破風板は少し高くつくかもしれないけど、
あと、桁の端が破風板の下に見えているので、
あらかじめ見えかかりを小さくするようプレカットの段階でケラバカットをすべきかも。
でも、瓦載せると重いから、極端に断面を小さくできないから、
後で斜めにカットする方がいいかもしれません。手間だけど。

aiyaproject07
aiyaproject06
ちょっと大きいけど、瓦が被ってくるとそう目立たないかな?この破風板

aiyaproject08
破風板にそで瓦が被さるイメージ

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

住宅 | 00:52:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。